高級ステーションワゴン ステージア

今回の試乗インプレッションはステージアです。
平成14年6月 250RS  FOUR  型式 GH-NM35  走行 11万キロ
車検 平成21年6月 車体色 シルバー 修復暦なし 車両価格 49.9万円

Lクラスのステーションワゴンのステージアは2代目になり、
280psを発生する4DW2.5Lターボはスカイライン譲りの走りの良さが魅力の車です。
スタイルは精悍な感じが全面に出ており、ヨーロピアン的雰囲気(私だけ?)を思わせる、流れるような流線型。

リアビューは前期型と同じく、思い切り良くカットされたスタイルが小気味よい感じです。

内装はこれといって特筆するものはありませんが、決してチープではなく、アキが来ない作りです。
広さ的には大人4人でのクルーズには問題が無く、ラゲッジスペースを考えると合格点でしょうか?

ラゲッジスペースは縦スペースはあまり無いものの、横と奥行きはかなり広い
(セカンドシートを倒すとフラットで、人が2人横になれます)です。
またラゲッジ側から左右のシートを倒すことのできるレバーは前期型より継承されており、
荷室の使い勝手はかなり良いです。

ラゲッジのレバーを引くと、下には小物スペースが床全面に広がっていますが、このふたにダンパー
両側についています。(こんなところにお金かけすぎ?)
でも私はこんなところに感激してしまいます。

シフトはシーケンシャル付きフロアシフト。ターボタイマーも付いてかなり走りを予感させます。

メータ周りは速度、タコ、燃料、水温系のみ運転席にアナログ表示で、
その他の表示系はセンター位置にデジタル表示され、走りと、その他の情報を区別しているのはなかなかです。

前評判を聞いているので、早々に走らせて見ます。
う!
確かにステーションワゴンらしくない速さです
低速トルクもあるし、伸びも申し分ないです。
4WDのおかげで直進、コーナーリング共に安定していますし、
足廻りが粘ります。4WDもマルチリンクサスなのかな?
私の好きなセッティングです。

随所に高級感があり走りに関しては申し分なし。
思ってた以上のポテンシャルにびっくりデス!
これで50万はなかなか安いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

廃車引き取り大歓迎
オリジナル動画 YouTube