フローリングのステップワゴン

今回の試乗インプレッションはフローリング仕様のステップワゴンです。

平成18年式 ステップワゴン 2000CC グレードGSパッケージ  車体色 ブラック 走行1・8万キロ 車検なし 装備 音声認識純正HDDナビ・テレビ、バックモニター、電動スライドドア フローリング仕様

低重心ミニバンの触れ込みだけあって、エクステリアからもローフォルムなのがわかります。運転席に座ると、どちらかと言うと、乗用車に近いアイポイントです。

ブラックはお手入れが大変ですが、きれいにすると、鏡面のように映りこみ、大変かっこいいです

運転席は床が低いので、ステップの段差が無くても、乗り降りが楽です。
運転席、助手席はフローリングではないです

セカンドシートの足元からフローリングになります。硬くてしっかりしたフローリングですが、
若干すべるのが気になります。でもお掃除は濡れ雑巾で拭くだけですので、楽かも?
シートは2:1分割リクライニング、スライド&チルト方式です。

サードシートは2分割スライド、リクライニング、跳ね上げ方式です。
セカンドシートとサードシートすべてたたむと、かなり広大な荷室が出来上がります。

モデルチェンジ前のステップワゴンのほうが室内は広く感じましたが、今回は座面などの
室内のつくり込みがしっかりしているので、少し狭く感じますが居住性は格段に良くなったと思います。

インパネ周りですが、速度、タコメーターはデジタルです。前方の奥目に配置してありますが、
その前にフタツキの小物入れが二つ付いています。あまりおおきな物は入りませんが、
結構あると便利かな?

ナビは音声認識メーカーオプションのHDDナビ・テレビ、バックモニター付です。
最近のホンダさんのこの手のナビは使いやすく、便利です
CD録音、DVD再生、エアコンなどの音声操作などもあり、センターコンソール下にはハンズフリー
対応のジャックと外部入力端子、12ボルトのシガーソケットを装備しています。

早速走ってみましょう。
やはりホンダさんらしく、よく回るエンジンです。
なのでデジタルメーターでは感じが出ません。やはりタコメーターは針がダンスするほうが良いのでは?
まあ、フアミリーカーなのでそんな演出はいらないかも知れませんが?

アイポイントはワンボックスの中ではかなり低い車です。
初めてワンボックスに乗られる方でも違和感は無いかも知れません。

トルク、加速共に申し分ないです。ただ他のホンダ車同様、ハンドルに遊びが少ない?ので、
最初は戸惑うかも知れません。

コーナーリングも問題がありません。通常走行では思い通り曲がってくれます。
走りに関しては問題がないと思います。

セレナと比べると、走りはステップワゴンの勝ち、燃費は互角、使い勝手はセレナやや有利、
といった所でしょうか?結構良い車です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

廃車引き取り大歓迎
オリジナル動画 YouTube