デカbB?カローラルミオン

今回の試乗インプレッションはカローラルミオンです。

平成20年3月 1500CC Gエアロツアラー  
ボディーカラーブラック 走行4100キロ 車検23年3月

巷ではデカbBとささやかれているそうですが、どこと無く雰囲気はあります。
4215×1765×1630のボディーサイズは3ナンバーです。

エアロツアラー ですので、フロント、サイド、リアにエアロが装着されているので、できれば
アルミホイルぐらいは純正でも良いのでは?
アルミは好みもありますので、「お好きなものをどうぞ」という趣向でしょうか?

3ナンバーサイズだけあって、室内はかなり広々感がありますし、特にヘッドクリアランス
175センチの私でも余裕があり、圧迫感は皆無です。
ただしリアシートは3ナンバーサイズの恩恵をあまり受けていないかな?

ラゲッジスペースはまずまずの広さがありますが、床が地面から高く、
荷物の出し入れはステーションワゴンにはかないませんネ(ステーションワゴンと比べるな?)
荷室にしたには4分割収納トレイがあります(このせいで床が高いの?)が収納力は洗車用具がやっとです。

セカンドシートの収納はショルダーにあるレバーで、前方向にシートが倒れます。
2対3分割ですので、2アクションでフラットにはなりますね。
広さは一般的なステーションワゴンと同等のスペースがあります。

セカンドシート背面には2箇所チャイルドシート用アンカーがあります。
こんな装備は(自分では使いませんが)個人的には大好きです。

サイドポケットはドリンクホルダーが二つ分と、単なるポケットです。
ドリンクホルダーはコーナーに張り出しがあるため、大きな紙パック物は置けません。
その後ろにはフタ付きポケットがありますが、フタが右開きのため、運転席からですと、
使いにくいです。助手席用でしょうか?(細かすぎます?)

メーター類は、スピードがデジタルメーターですが、クイックに動かないので、疲れません。
その他のメーターは視認性は悪くありませんし、まずまずでしょうか?
シフトはセンターコンソールにありますが、かなり距離があるため、Dのままで触るのが面倒です。

セカンドシート中央にも伸縮性ヘッドレストが付いていたり、左ミラー下には前後のアンダーミラー
が付いているなどの気配りは感心できます(また私だけ?)

これが噂?の9スピーカーです。
前後左右のドアに4スピーカー、フロントドア左右に2ツイーターリアハッチ左右に2ツイーターと
ウーハーが付いています。
音は好みの問題がありますので・・・・・・それなりに臨場感は出ていると思います。

さて、対象が無いと困りますのでモビリオスパイクと比べてみましょうか?

全体的に1500CCでこのボディーですので、走りは期待していません。
その代わりに燃費は期待したいところですが、かたろぐの16.2はかなり厳しいです。
後は目的を選ばない使い勝手や、収納、などでしょうが、「広い」のは確かに「広い」ですが
モビリオスパイクのような小技は感じられません。
遊具がたくさんおいてある公園と、何も無いグラウンドの違いでしょうか?

小細工なしに使い安いスペースを追求した車なんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

廃車引き取り大歓迎
オリジナル動画 YouTube