ナノ・スプライト施工

前回ご紹介したナノ・スプライトの施工です。
この容器に、ナノ・スプライトと深層水を全部入れてボディに伸ばして塗り広げます。

容器ナノ・スプライト深層水

まず、施工するZを綺麗に洗車、後に下地処理として粘土かけ、小傷をコンパウンドで落とし、綺麗にふき取ります。

施工するZ

ガラス面やホイルなど、どこでも施工できるそうなので、細かい部分も施工します。
施工の実感ですが、ものすごくのびます。Z一台分として、規定量の半分しか使いませんでした。施工時間は30分前後ですので、下地処理(洗車、鉄粉、傷取り)が終われば、かなり簡単です。

ボディ施工ミラー部施工ホイル部施工インナー施工レンズ施工ライト施工

気をつけなければならないのは、施工しても無色透明なため、見た目では施工面と未施工面の区別が付かないことです。くれぐれも施工漏れのないように計画的に施工しましょう。

施工終了施工終了2

写真ではなかなか違いがわかりにくいですが、触ってみるとつるつる感がすごいです。
ちなみに、施工後、手に残ったナノ・スプライトを落とすために洗剤で5回洗いましたが、完全には落ちませんでした。手はリンスを塗ったような感じ?で膜ができていて、水や洗剤を寄せ付けないような感じになっています。

本来なら施工後のお車に水をかければ効果がはっきりすると思いますが、お客様のお車(すぐに納車)ですので、試せませんでした。

1セットで2台分施工できそうですので、マイエリシオンで試してみます。
お楽しみに・・・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

廃車引き取り大歓迎
オリジナル動画 YouTube