油膜取り実践

関東地方は6月3日より梅雨入りしたそうです。
先月、梅雨の準備でご紹介しましたフロントガラスの油膜取りを自分の車で試してみます。
こんなものを買ってきました。●●バックスで480円なり。

これは以前から結構愛用していますが、なかなか優れものです

まず、私の愛車(後日ご紹介させて頂きます)で実践して見ます。
ガラス撥水施工をしてありますが3年もたっているので、すでに効果もまばらです。
フロントガラスの汚れ、ほこり、ごみをよく洗い流しておきます

先ほどの油膜取りを良く振って、スポンジにつけて、ガラス面をこすります。
フロントガラスを縦、6分割に分け、6回の作業にしてください。
右の面がまだ油膜が残っている部分です。左がきれいに油膜が落ちた状態です。
右面は油膜取りの液がはじかれているのがわかりますでしょうか?

結構油膜などが付いていると、なかなか落ちないですので、
6面前後に分割して作業をしたほうがかえって効率的です。

こんな感じで全面に施工したら、中性洗剤でよく洗い流してください。

どうです?この状態!ガラス撥水効果、油膜、ワイパーふき取り跡、
すべてきれいに落ちました。
ガラスにコンパウンドがけをした状態です。
本当はこの状態から、ガラス撥水処理をするのが良いのでしょうが、
ワイパーのビビリ音も無いので、私はこの状態が好きです。

梅雨入りしてしまいましたが、お車の梅雨の準備もお忘れなく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

廃車引き取り大歓迎
オリジナル動画 YouTube