エリシオンスペアタイヤのはずし方

愛車エリシオンのスペアタイヤをお客様にお貸ししたものが帰ってきたので、
スペアタイヤのはずし方をご紹介します。
大したことではありませんが、パンクしたときに知っているのと知らないのでは、かなり違うと思います。

エリシオンのハッチを開けると、最後部にこんなフタがあります。

これをはずしますが、クリップのみでとまっていますので、簡単に外れます。
中には汚れたタイヤを入れる袋とゴムバンドがはいっています。

今度は最後部壁面のフタをはずします。
左右2箇所の回転クリップでとまっていますが、結構固めです。

この中にはジャッキが入っていますが、ジャッキの締め付けで止まっているので
ジャッキの向かって右側を回さないと外れません。

今度は向かって左側に、丸いゴムのフタがあります。
これをはずします。

ここで工具を出します。工具は左のポケットにあります。

ホイルナット回し、牽引フック、+-ドライバーがはいっています。

ホイルナット回しでこのねじを回すと、車体下のスペアタイヤホルダーを
とめているフックが緩んできます。

車体下のここにスペアタイヤを収納します。

これがタイヤを車体にとめているフレームです。

こんな感じでスペアタイヤをのせます。結構奥まで入れないと
ホルダーがとまりませんので、押し込んでください。
この状態ではまだまだです。手前のバーがタイヤから出るまで押し込みます。
(あれ?タイヤの上下はこれでもOK?)

無事収納完了です。こんな感じで収まります。
赤丸のフックを引っ掛けて固定します。

フックを抑えながらこのボルトを回して固定します。
がたつきがないように固定してください。

後は逆の順序で内装を戻して完了です。
結構厄介ですが覚えておくと便利かも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

廃車引き取り大歓迎
オリジナル動画 YouTube