K’Sシルビア後期型スーパーブラック

今回の試乗インプレッションはオートボーイでは珍しい?FRスポーツの
K’Sシルビア、しかもスーパーブラックです。

平成9年6月 K’S後期型 2000CC 走行9.3万キロ
ボディーカラー スーパーブラック 車検22年2月

ボンネットは社外カーボンが付いていますが、純正ロックに加え、ピンロックも付いていますのでご安心を!ライトは社外キセノンを取り付けしており、かなりの明るさがあります。

社外エアロは下部は傷がありますが、取り付けはしっかりしています。
車高調はTEINが入っており、ダンパーの経たりはありません。
車高はサイドエアロ部分で10センチ(タバコの箱+約1センチ)といったところでしょうか?
後期型のK’Sスーパーブラックはかなり希少らしいです?

 リアにウイングは無く、流れるようなラインのままで、取り付けホールの後も見当たりません。
アルミはADVAN RACINGのゴールド16インチに205/50/16のタイヤを履いています。
タイヤ山は4分前後といったところでしょうか?

マフラーは社外大口径(メーカー不明)が付いていますが、これが低重音の品の良い音がします。
音もそれほど大きくなく、私的にはかなりお勧めです。

エンジンルームはオイル漏れや破損は無く、大変綺麗です。

エアクリーナーは車外むき出しタイプで、汚れ、破損も無く、かなり綺麗です。
タワーバーも装着されております。

ダッシュボードに社外ブースト計が付いておりますが、現在は不動です。
配線によるものかはわかりませんので、ジャンク扱いとしてください。
シフトノブはRAZOが付いておりますが、個人的にはもう少しストロークが短いほうが・・・・・
(あくまで私の主観です)

社外ハンドルは若干のすれがあります。
自分好みのを選ばれてもよろしいかもしれませんネ。

シートは純正のままで、使用感はあるものの、擦れはあまりありません。

早々試乗してみましっょう。
いつもGC8インプレッサを乗っていますので、どうしてもGC8との比較になって
しまいますがお許しくださいネ

2000CCターボで 220PS/6000rpm 28.0Kg・m/4800rpm
パワーウエイトレシオ6Kg/psですがカーボンボンネット、社外品などの対応をしていますので
若干は変わっていると思いますが、思った以上に良いです。
良いというのは、GC8のようにアクセルオンで、ドカーンと体感できる速さではなく、
するするヒューン(やはりスポーツ系の表現は下手です)と100キロまで達する感じです。

TEION車高調もまだまだへたっておらず、コーナーも踏ん張ってくれますし、車高調独特の
異音もありません。

マフラーの排気音はかなりの低重音ですが、いやみの無いおとなし目の音です。
エアクリの効果か、吸気音は小気味よく、ヒュンヒュンしてくれます。
給排気のバランスが良いのでしょうね。

普段GC8を乗っていますが、FRのターボも思った以上に良いものですね
首都高を走らせて見たいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

廃車引き取り大歓迎
オリジナル動画 YouTube