エリシオンイカリングその後

お客様にエリシオンのイカリングはその後どうしたの?と聞かれました。
ウ~、痛い質問を・・・・・・。実はブログで紹介したままで、進んでいません。
https://auto-boy.net/archives/11827

ヘッドライトをはずし、ファンヒーターで15分ほど暖めて後方部分を分解します。これがこーキングプチルゴムが粘って大変な作業です。
内側部分は柔らかいプラスチックですので、はがそうとすると反り返ってしまいます。これで元に戻せるの?
ちなみにウインカー側の細い部分からはがすほうが、良いとのことです。

次にねじを1箇所はずして中側を分解します。これは簡単!!!

今度はウインカー部分の透明なカバーをはずします。裏側に4箇所のフックで止まっていますので、小さいマイナスドライバーを差し込んであげると取れますが、あまり力を入れると、すぐに折れます。

いよいよイカリングの取り付けです。HIDヘッド部分に両面テープで取り付けようと思いましたが、熱ですぐに取れてしまいそうなので、多くの方が施工している方法のワイヤーでとめようと思いましたが・・・・・
ワイヤーがない、買いに行くにはヘッドライトを元に戻さねば・・・・・・・


ここで仕方なくヘッドライトを元に戻そうとしました。がここで断念!!!!!
なぜかって?いざヘッドライトを元に戻そうとしたら、蓋側が反り返っていて、元に戻らない状態です。
とりあえずライトは点灯する状態にまで戻します。
ではその跡どうする?続く・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

廃車引き取り大歓迎
オリジナル動画 YouTube