お車の清掃(ふき取り偏)

掃除機かけが終わったら、室内のふき取りです。
ほこりや、よごれ、シートなどのシミなどを落としてゆきます。使うのは中性洗剤系で大丈夫ですが、個人的にはかんたんマイペットを使っていました。

ふき取りのブロックごとに小分けにして行ってください。かんたんマイペットを吹きかけたら、よく絞った布でふき取るだけです。
ドア内張りや(繊維部分もです)ポケットの中はドアを開けたときの汚れるので念入りにふき取りをしてください。

ドア

ドアポケット

パワーウインドウスイッチやミラースイッチ部の隙間は歯ブラシで綺麗にかき出すと、意外と?綺麗に見えます。必ず行ってください。

パワーウインドウスイッチ

全体をふき取るのはもちろん、細かなところ、特にエアコン吹き出し口はかなり汚れていますので、左右前後に動かして、ふき取りしてください。ファンの羽などはマイナスドライバーや歯磨きを使って根気よくふき取りましょう。乗車中常に見える部分ですので、この部分をしっかり綺麗にしておくと、大変綺麗にみえます。

マイナスドライバーで歯ブラシで

天井やシートもよく絞った布でふき取りましょう。おタバコを吸う方はかなりヤニが付着しています。部分的にできたしみは、かんたんマイペットを吹きかけて、たたきながら、ふき取ってください。一度で落ちない場合は、何度か繰り返し根気よく行ってください。
思ったよりは簡単にシミが取れますよ。

シミ取りマジックリン吹きかけたたきながらふき取りシミ取り済み

中古車の場合両面テープののりあとが残っている場合がありますよね。
こんな場合もかんたんマイペットを吹きかけて、ふき取りしてください。

のり後

それでも取れない場合はエンジンクリーナーを使います。ホームセンターなどで500円ぐらいで販売されています。速乾性ですので、吹きかけたらすぐにふき取りします。

エンジンクリーナー

かなり綺麗に落ちますよ。

のりあと除去

ふき取りが終わったら、樹脂分(布以外)に艶を出します。タイヤやプラスチックの艶出しを吹きかけて、スポンジでよく伸ばしながら、施工していきます。
私的には、お車用品で売っているアーマーオールがお奨めです。

艶出しスポンジで伸ばす

ふき取りした、細かい部分も丁寧に施工すると、よりいっそう綺麗になります。
スポンジは細かな部分に押し込むようにすると、細かな部分も施工できます。

スイッチ部分

艶出しが終わったら、布の繊維や、スポンジの切れ端、かき出した、よごれが出てきますので、もう一度掃除機をかけましょう。

最後の掃除機かけ

すべてを施工完了すると見違えるように綺麗になります。

メーター廻りリア席トランクルーム前席

室内は終了です。
次はボディー偏に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

廃車引き取り大歓迎
オリジナル動画 YouTube