ホイルのインチアップの考察

今回考えるのは、ホイルのインチアップの考察です。
(自分のエリシオンをインチアップするに当たり、散々考えての結果です)
インチアップとはホイル(タイヤの内径)を大きくして外径は純正に近いサイズに抑えることです。

まずタイヤのサイズの見方ですが、ブリジストンのページ
http://www.bridgestone.co.jp/tire/basic/
が参考になると思います。

たとえばエリシオンの純正タイヤ&ホイルの場合は215/60/17ですが、
215はタイヤの幅です。
60はタイヤの厚みです。
17は内径です。

これをインチアップする場合はタイヤの外径を大きく変更せずに内径を大きく
(ホイルサイズを大きくする)わけですが、
効果としてはホイルが大きくなると、見た目に迫力が増すと言うことぐらいです?。
逆にタイヤの幅は狭くなるので、路面の振動を吸収しにくくなります

それでも?インチアップするので在れば、
こんなページが参考になります。
http://www.jaist.ac.jp/~t-obata/cal/tire.html

この表に純正サイズを入力して、アルミサイズを入力すれば、
一番近いサイズを表示してくれます。

タイヤサイズのほかにも、ホイルのサイズも重要です。
これまたブリジストンのページ
http://www.bs-awh.ne.jp/wheel_tips/size.html
が参考になると思います。

ホイルを止めるボトル穴の数とピッチを純正ホイルから読み取り、
(ホイルには表示されていない場合が多いので、説明書やカタログから調べる)
同じものを選択してください。
その他にもリム幅オフセット(インセット)が関係してきます。
純正サイズより大きく変更してしますと、タイヤハウスよりホイルやタイヤがはみ出してしまい、
車検を通すことが出来ませんし、タイヤハウス内で干渉が起こり、大事故の原因になります。

以上を計算の上、インチアップを図りますが、車高(ローダウン、車高調)により
純正から外れても入るサイズの幅が変わってきます。
また、同じ車種でも、それぞれの個体差により変わりますので、
純正から大きくサイズを変更する場合は、注意が必要です。

社外ホイルの場合、デザインが気に入っても、そのホイルに純正と同じサイズがない場合や、
ツライチを目指す場合は、当然純正サイズは選びませんので、こういった問題が発生します。

一番安全なのは、お買い求めになる、タイヤ&ホイル前門店に確認することが一番安全です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

廃車引き取り大歓迎
オリジナル動画 YouTube