エクリプススパイダー

今回の試乗インプレッションは、当店初の三菱エクリプススパイダーです。
例によってGOOよりお車の紹介記事を抜粋します。

三菱エクリプスは、1989年に現地生産の北米専用モデルとしてデビュー。翌1990年に初めて輸入され、日本でも米国同様に好評を博したモデル。1999年3代目となったモデルに続き、翌2000年に設定されたスパイダーは、北米で三菱自動車を代表するスポーティモデルとして、その後2003年の東京モーターショーへ参考出品。ランプなどの灯火類や排出ガス仕様を日本の国内法規に適合させる一方、左ハンドルを含めた北米仕様の雰囲気を極力残すことで、ダイナミックなアメリカンテイストをもって生まれた。FF駆動の4シーターオープンボディ。エンジンは可変吸気機構付きのV型6気筒3L SOHC24バルブを搭載。最高出力196PS、最大トルク27.2kgmを発揮し、スポーツモード付きのINVECS-II 4速ATを組み合わせ、Dレンジにおいてはイージードライブ、スポーツモードを選択すればマニュアル感覚のシフト操作も可能とした。熱線入りリヤガラスとした電動式のオープントップは、サンバイザーを下げ、ラッチハンドルを解除した後、OPENボタンを押すと、自動的にトップが開き(同時にドアウインドウクォーターウインドウが下降)、収納される。ブラックを基調色としたスポーティなインテリアには、本革フロントパワーシートやInfinity製オーディオ及び7スピーカーの迫力あるサウンドシステムを採用。また、センターパネル上部に設置したセンターディスプレイ、ステアリングホイールのスポーク部裏側に設置したリモコンスイッチにより、運転時の視認性と操作性に配慮している。

平成16年(11月)式 型式TA-D53A グレードGTS 3000CC
ボディカラーシルバー 走行距離4.4万キロ 車検23年11月
修復歴なし 
詳しくはHPで
http://www.auto-boy.jp/stock_home/stock_souka

このボディラインはなんともアメリカンぽいスタイルとでもいいましょうか?日本車にはなかなかないスタイルですネ!!状態は傷などなく、大変きれいな状態です。

フロント左側面フロント右側面リア右側面リア左側面

各部の押し出しが強く、迫力がありますし、リアウイングやガソリンコックなどもユニーク?です。

フロントリアリアウイングガソリンコック

ホイルはBersaglio18インチのメッキに225/40/18のタイヤを履いています。
がり傷も腐食もなく大変きれいですし、タイヤの山も8分前後残っています。

タイヤ&ホイル

このお車、なんと左ハンドルです。しかも?本革シートです。しかも、4人乗りで、以外?にリア席も広いです。

ハンドル運転席助手席リア席

装備は、イクリプスのHDDナビTV(洒落ですか?)バックカメラ、ETC(INグローブボックス)、クルーズコントロールが付いています。

バックカメラ

HDDナビTVETCクルーズコントロール

幌は電動開閉です。フック2箇所をはずし、スイッチを押し続けると、4枚のウインドウが下がり、電動格納します。

幌のフック開閉スイッチ

画像が荒いですが、幌電動オープンの動画をアップしてみます。
動画

細かな部分もいいです。2ドアなのにリアにパワーウインドウがあります。トランクルームも、広いとはいえませんが、あります。

リアパワーウインドウトランクルーム

シフトレバーは上部にロックボタンがあります。スポーツモード付きのINVECS-II 4速ATを組み合わせ、Dレンジにおいてはイージードライブ、スポーツモードを選択すればマニュアル感覚のシフト操作も可能です。
エンジンは可変吸気機構付きのV型6気筒3L SOHC24バルブを搭載。最高出力196PS、最大トルク27.2Kgmを発揮します。

シフトレバーエンジンルーム

乗り心地といい、エンジン特性といい、北米仕様なのがわかります。ぜひ見に来てくださいね!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

廃車引き取り大歓迎
オリジナル動画 YouTube